Jump to the main content block

語文センター案内

FROM NDU SITE
木蘭村
語文センターの前身は國防部が1952年6月、台北大直に設立した「軍官外語訓練班」であり、国軍が台湾に移転した後の軍事外国語人才を養成するために設置された。語文センターは「国軍を代弁し、外国との架け橋になる」という精神で外国語人才を養成している。語文センターには英語初級クラス、英語高級クラスなどの課程があり、外国語初級クラス(スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語、日本語、韓国語に分類)の課程もある。
教育目標
基本目標
国軍の訓練と作戦任務の需要に答え、各言語でのコミュニケーションの能力を培って、軍事任務を達成することを基本目標としています。
 
課程領域
語文センターは英語初級クラス、英語高級クラスなどの課程を設置し、外国語初級クラス(スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語、日本語、韓国語に分類)の課程もある。
 
最終目標
目標は国軍の人員が外国語で国際的なコミュニケーションをしたり、交流したりすることができる能力を培い、そして訓練と作戦任務を行うことで、国際情勢を鋭く洞察して、国軍の戦力を向上させることができるようになることである。